起業は簡単だけれど成功するのは難しい

中国では大学を出ても就職する事が困難な状況で、大学卒業後にネットショップを起業する若者が増えているそうです。しかし政府が就職できない若者をネットショップ起業に誘導している事もあり、過剰競争は否めず、生活が成り立つ程度成功するのは、その内の10%足らずと言われています。
日本においても、希望する会社に就職できなかったり、会社に就職して堅苦しい生活を送るのが嫌だからと、安易に起業しようと考える若者のいます。
起業するのは、個人事業主として税務署に届を出せば、簡単に始める事ができます。思い付きの仕事であっても、自分で始めれば起業する事は簡単なのです。
しかし、事業と言うのはそんなに簡単なものではなく、成功するにはそれなりのノウハウや努力や周到な準備が必要であり、起業は簡単だけれど成功するのは難しいのです。
起業をしようと思うアイディアや着眼点があるなら、地方自治体や民間が主催する起業塾などで、それを事業として成り立つまで磨き上げ、起業や成功への道筋として必要な知識も習得した上で起業すべきです。
そうしたステップを踏んでも、成功に至るにはイバラの道が待っており、それを覚悟して起業は行うべきだと言えるのです。

PR

初値予想|女性向けエステ.com|生命保険の口コミ.COM|内職 アルバイト|住宅リフォーム総合情報|オーディオ|童話|心の童話|GetMoney|お小遣いNET|マッサージのリアル口コミ.com|健康マニアによる無病ライフ|サプリメント|工務店向け集客ノウハウ|クレジットカードの即日発行じゃけん|