レンタルオフィスとシェアオフィスを比較

<シェアオフィスとレンタルオフィス>
個人事業主や従業員が少ない会社では、事務所を用意する際にシェアオフィスやレンタルオフィスを
検討されるのではないでしょうか。家賃を抑えることができるので経費削減に繋がりますね。
シェアオフィスとレンタルオフィスは混同されがちですが、実は室内の利用の仕方が大きく異なっています。
まずシェアオフィスの場合は、共有スペースと専有スペースに区分されていて、共有スペースは他の企業と共同で利用します。専有スペースは自分で自由に使えます。パーテーションを使って1部屋を区切っているケースが多いです。シェアオフィスを関係会社や協力会社と一緒に使う企業もあります。会議などがしやすく情報交換もしやすいので便利ですね。シェアオフィスの場合、他の企業の声や音も聞こえてくるのでそれが気になってしまう場合は
あまりおすすめできません。
レンタルオフィスの場合は、パーテーションのような簡易的な形で部屋を区切っていません。個室になっているので他の企業の音も聞こえず使いやすいです。

<シェアオフィスのメリット>
シェアオフィスのメリットで大きいのが、他の企業との交流や情報交換ができるという点です。
どんな事業を行っている企業が一緒になるかで変わってきますが、会社の発展に繋がったり、新しい事業を始めるのに役立つ情報などが入手しやすいと言われています。

<レンタルオフィスのメリット>
レンタルオフィスの場合、必要備品がすでに揃えられています。家具付きのマンスリーマンションなどのオフィス版をイメージすれば良いでしょう。そのため自分でデスクや椅子を用意しなくて良いのでそういった費用が節約できます。
レンタルオフィスでは、OA機器も設置されています。一般的な賃貸オフィスとの大きな違いですね。
セキュリティ面も個室なのでしっかりしています。ただしシェアオフィスよりは賃料が高いです。

シェアオフィスやレンタルオフィスはデザインがおしゃれで快適に仕事ができるオフィスが増えています。
良い物件を見つけて仕事をしたいですね。

PR|初値予想|女性向けエステ.com|生命保険の口コミ.COM|内職 アルバイト|住宅リフォーム総合情報|オーディオ|童話|心の童話|GetMoney|お小遣いNET|マッサージのリアル口コミ.com|健康マニアによる無病ライフ|サプリメント|工務店向け集客ノウハウ|クレジットカードの即日発行じゃけん|